TOP > 美容 > にきびの進行具合


Artist

情報サイト



























にきびの進行具合

にきびってハッキリいって邪魔以外の何者でもありません。

ひっかいてしまうと傷みたいになるし治してもまたできて、にきびの跡が残る。

医者に行くべきか、洗顔料でなんとかするのか、

まずは自分のにきびがどれぐらいの進行具合なのか知る必要があります。

にきびはその進行具合によって種類分けされています。

まず
「白にきび」
これは最も初期の段階のにきびのことです。
これはあまり目立たないし放っておいても思春期でないかぎり問題ありません。
自分でつぶすこともできますし、大概は自然に治癒することが多いのです。

次に
「黒にきび」
毛穴に詰まった皮脂がたまっていくと、皮膚の外に押し出されます。
その先っぽが酸化して黒ずんだ状態がこれです。

次に
「赤にきび」
これは毛穴の中で炎症が起こってしまい、腫れ上がっている状態です。
触ると痛く、すぐに病院に行くことをおすすめします。

最後は
「黄にきび」
ひどい炎症を起こし、化膿している状態です。
このにきびになると痛い上に、跡が残り大変なことになります。

にきびはなってからも治せますがならないように日々ケアすることが大切です。

対策をまだ考えていないという方はこちらで自分に合ったものを探してみてはいかがでしょう。



   
 
   
Un Regard Moderne~アン・リガード・モダンの魅力~